1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島市の温室効果ガス排出量(平成28年度確定値及び平成29年度速報値)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

温室効果ガス排出量の削減目標

 広島市地球温暖化対策実行計画(平成29年3月策定)では、温室効果ガスの総量に対し、下表のとおり削減目標を設定しています。


 

 

温室効果ガスの排出量

  平成28年度(2016年度)の温室効果ガスの総排出量(二酸化炭素換算)は、826.3万トンであり、基準年度である平成25年度(2013年度)と比べて、6.1%の減となっています。
 その主な要因は、温室効果ガス全体の半分以上を占める民生・家庭部門及び民生・業務部門が減少したことです。一方で、全体に占める割合は低いものの、一酸化二窒素や代替フロン等4ガスが増加傾向にあります。また、一人当たり排出量は、基準年度と比べて6.6%の減となっています。
 次に、平成29年度(2017年度)の温室効果ガスの総排出量(二酸化炭素換算)の速報値は、817.9万トンであり、基準年度と比べて7.0%の減となっています。なお、1人当たりの排出量は、基準年度と比べて7.7%の減となっています。
 本市の温室効果ガス排出量の約6割は、電力の使用によるものであり、その排出量は電気事業者の二酸化炭素排出係数(電力消費量単位当たりの二酸化炭素排出量)に左右されます。本市に電気を供給している主な電気事業者の二酸化炭素排出係数は、参考2のとおりです。
 なお、温室効果ガスの排出量の推移を図表2のグラフに表し、森林吸収源を考慮した温室効果ガスの総排出量の推移を参考3に示していますので、参考としてください。
 




 

 


     【参考1】国の温室効果ガスの排出量の推移

国の温室効果ガス排出量の推移



添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

環境局 温暖化対策課
電話:082-504-2185 /  FAX:082-504-2229
メールアドレス:ondanka-t@city.hiroshima.lg.jp