1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

転居に伴う学校の手続き(転校等)について(FAQID-4671~4673)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

Q:転校の手続きなどについて知りたい。

A:

1 転居などにより転校することになる場合は、現在通っている小・中学校へ申し出て、最終登校日に転校書類を受け取ってください。

2 次に住所変更の届出を行ってください。

 広島市内間(学区外)の転居の場合

   区役所市民課又は出張所に転居の届出をされると、その際に「入学通知書」をお渡しします。

 広島市外から転入される場合

   転出元の市町村役場で発行される「転出証明書」を持って、転入先の区役所市民課又は出張所で転入の届出を行ってください。その際に「入学通知書」をお渡しします。

3 「入学通知書」と転校前の学校から渡された「転校書類」を指定の学校へ速やかに持参してください。

 

Q:市外へ引越しするが、引越し先での入学手続はどのようにすれば良いか。

A:市外に転出される場合は、広島市の区役所市民課又は出張所で転出の届出をされる際「転出証明書」をお渡ししますので、転出先の市町村役場に転入手続きの際に提出してください。広島市からお送りした入学通知書は必要ありませんので、破棄してください。

転居後に入学する学校や入学手続等については、転居先の自治体の教育委員会へご相談ください。

 

Q:市内で(又は市外へ)引越しをするが、引き続き現在の学校に通学できますか。

A:市内での転居等の場合、転居先の住所地に基づいて新たに学校が指定されますが、年度中途(前期の始業式以降)の転居であれば、その学年の末まで現在の学校への通学が認められます。

引き続き従前の学校へ通いたい場合は、転居等の届出をされる際に、区役所市民課または出張所に申し出てください。その場で「申請書」に記入していただき、その学年末までの「許可書」を交付します。

市外へ引越しをする場合は、区域外就学ということになり、転居先の市町村の教育委員会との協議が必要になります。協議が整い次第、学校を通じて「許可書」と「承諾書」を交付しますので、「承諾書」は転出先の教育委員会へ提出してください。

 

Q:入学してまもなく引越しをします。この場合、あらかじめ引越し先の学校に入学することはできますか。

A:入学後概ね半年以内に転居予定の場合は、あらかじめ転居先の学校に入学することができます。

転居予定地の住所及び移転の時期を証明する書類の写し(契約者が保護者で、入居時期の分かる物、例えば、住宅の売買契約書や賃貸借契約書など)を持参し、区役所市民課・出張所又は学事課で手続をしてください。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 総務部 学事課 学事係
電話:082-504-2469 /  FAX:082-504-2509
メールアドレス:gakujika@city.hiroshima.lg.jp